ブラジルで化粧水や乳液の購入って出来る?南米流のお肌の手入れ

ブラジルで日本流の肌のお手入れをする際に、化粧水や乳液をポルトガル語でなんと表現するのか分からず、本当に悩みました。

そこで当記事では、日本流のお肌のお手入れをブラジルでする場合、どこで何を購入するかをご紹介しようと思います。

 

国が変わるとどうしても美容法も全然違うし、日本で普段使ってるものが全く手に入らなくて困ることも多々ありますよね。

日本ではクレンジング・洗顔・導入液・化粧水・美容液・保湿クリームと順番があると思うのですが、ブラジルでは、洗顔の後にいきなり「クリーム」を塗るのが主流です。爆

 

私はもうこれが衝撃的というか、結構受け入れられなかった(というか肌に合わなかった)ため、かなり時間をかけて探しました~。

 

ブラジルで購入できるお肌のお手入れアイテム

 

日本で主流のステップでご紹介します。

 

STEP.1
クレンジング

洗顔の前にクレンジングとして使うのが「Agua Micelar」

普通の薬局で買えます^^

コットンを使ってきちんとクレンジングすれば、これ以外に特に必要なものはないそうです。

無理にオイルとか使うより、シンプルなもので良いそう。

化粧落としにも使えます。


STEP.2
洗顔

Agua Micelarを使っているだけでもOKだそうですが、それでもまだ気になる方はお肌に優しい(ベビー用の石鹸など)もので洗顔してもOKだそう。

下手に洗顔料を使うのは刺激が強すぎて非推奨と言われました。


STEP.3
化粧水


Tonico Suavizante(TONIFICAR)

こちらが化粧水として使えるローションです。

私はPanVelというチェーンの薬局で買っています。

アベンヌの化粧水も場所によっては購入できますが、ブラジルはとにかく輸入モノの値段高いので、私は国産のこちらの化粧水をバシャバシャ使ってます。

一本20レアルくらいで購入できますよ。


STEP.4
美容液


SERUMで伝わります。「セラム」ですね。

これは「特注」が基本です。爆

ドラッグストアでも購入できると言えばできますが、超絶非推奨というか・・・

日本人の肌に合わないものがほとんどだと思います。

ブラジルの女性は、どこに住んでいても一人一軒は行きつけのビューティーサロンがありますので、そこでオーダー制で購入するのが普通みたい。

私の場合、今住んでいる地域はアジア人人口が非常に少なく、お肌のケア商品自体も白人向けのものが多いので、友人に紹介してもらったエステティシャンの方に特注で作ってもらっています。

30gで55レアルくらいが相場。

大体1か月持ちますね。


STEP.5
保湿クリーム


今はLA ROCHE POSEYというブランドの「LIPIKAR Creme AOX」を使っています。

こちらは日中の日焼け止めとしても使える優れものです^^

ちょっと高いんですが、子供にも使えるので便利ですよ!


ちなみに、保湿クリームに関しては「ニベアの青缶」が代用として使用可能、と言っていました!

確かに青缶って、日本にいる時から使っている人多かったような・・・

ちなみに、ニベアは青缶以外のクリームはNGだそう。

ニベア使うなら絶対青缶で!とのことでした。

 

信頼できる人に美容サロンを紹介してもらう

ブラジル人の女性は、ネイルやヘアサロンに週一で通っている人も多く、ビューティーサロンはもはや「ご褒美」とかではなく「日常」で利用する場所と化しています。

そこら中にサロンがあるので、勇気を出していってみるのも一つの手。

ただ、一番おすすめなのは、信頼している女性の友人や知り合いに教えてもらうことです。

ブラジルは「人間関係」が全て。

ネット上の口コミは信用しないようにしましょう。

日本でも最近、インフルエンサーと歯科医院とのトラブルで、グーグルでの口コミに大人の事情が関係していることが露呈してましたよね。

口コミサイトも所詮「ビジネス」なので、必ずしも正しい情報が反映されているわけではないんです。

ブラジルでも同じで(ブラジルの場合はもっと顕著なので)、基本、信頼している人からの紹介が最も信用できる情報。

美容サロンを選ぶときも、夫の同僚やママ友なんかに相談して、良いよ~と言われた場所に行くのが一番おすすめです。

参考までに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です