日本のクレジットカードを海外(ブラジル)で使ったら家賃○○〇分損した話。

今日はブラジルで日本のクレジットカードを使ったことで起きた悲惨な経験談をシェアしたいと思います。

私は2014年からブラジルに住んでいて、妊娠出産の時期を除き年一回は一時帰省をしているので、なんだかなんだで便利だから日本のクレジットカードは所持しています。

海外在住の方でも、私のように普通に日本のクレジットカードを持ち続けている人って多いのではないかな~と。

 

…で、どうしても日本のクレジットカードを持っていると、便利なのでついつい現地でも使っちゃったりしません?笑

私は気づかぬうちに、今まで総額50万を大きく上回る金額を普通に使っていて…(爆)

 

イリウダ

こここここ、これは不正使用では!?!?

 

と焦り、1週間使ってきちんと調べてみたら…

 

なんと!

全て私が犯人だったし、普通に使ってて驚き☆彡

こわいこわい。

 

まぁここまでは100%私が犯人なので仕方ないですよね。笑

ただ、衝撃的だったのはその後分かった事実だったんです。爆

身の毛もよだつ怖い話になっていますので(笑)、ぜひ海外在住者の方は参考にしてください。

 

海外で日本のクレジットカードを使うと手数料や為替が自動的に引かれる

これはまぁ当たり前なんですけど、日本のクレジットカードをブラジルで使うと、ブラジルレアルから日本円に変換して日本の銀行口座から日本円が引き落とされますよね。

その際、当然銀行の為替レートとクレジットカード会社の手数料が自動で引かれているということになります。

そこに関してはどうしようもないというか、しょうがないと思ってはいたのですが…

 

その手数料やレートが余りにも悪いことに気が付いてから、私の気持ちは変わりました。

手数料って「やくざ」か何かなのかな?

2019年11月現在、ブラジルレアルと日本円の為替レートはこんな感じです。

1レアルで考えると分かりにくいので、500レアルで換算してみると…

500レアルは、日本円で約12900円。

でもね、これ現地で日本のクレジットカードで支払うと、14000円近くの金額が最終的には引き落とされているんですよ。

この差って地味に大きくありません?

金額が大きくなればなるほど、手数料で引かれる金額も多くなっていきます。

一度や二度の決済だったら(海外旅行とか)別にそのくらいって思う金額ではあるのですが、海外在住でクレジットカードを使う機会が多い身としては、一回一回の決済でこの手数料はちょっと高いのでは?と思ったんですよね。

それでなんか気になっちゃって、今までの5年間を振り返り総額を計算してみたら…

 

イリウダ

家賃6ヵ月分を、手数料として取られていました。
ばーん

 

いや~~~~~塵も積もれば山となるとはこのことを言うんですね。爆

恐怖。

 

海外在住者は日本のクレジットカードではなく国際送金を

日本在住者が海外旅行で使う分には許容範囲の手数料なのかもしれませんが…

海外在住者が日本のクレジットカードを現地で使い続けることは、本当に辞めた方が良いです。

 

超、損してます。爆

 

私のケースでも、もしクレジットカードではなく日本からブラジルに国際送金でお金を送り、現地通貨で都度払っていたら、相っっっっっっ当安く済んでいたはず。爆

 

イリウダ

手数料って、まじでヤクザ顔負けじゃないですか。

 

この苦い経験から、現在はきちんと国際送金をして現地通貨をボーダレスバンクに貯金しています。

ちなみにこれ、海外在住者の特権でもあるので超おすすめですよ。
※日本在住者はアカウント開設できない

オンライン上から収入がある方は特に、全て非課税に出来る可能性がありますので、ぜひ一度真剣に調べてみてください^^

【永久保存版】TransferWiseを使いこなそう!出来ること/メリットデメリットを完全解説! TransferWise(トランスファーワイズ)の登録方法と使い方!日本から海外へ・海外から日本へ国際送金! 【超絶便利】TransferWiseで日本円をブラジルに国際送金!50万円換金で3万円浮いた件 海外在住者が絶対に開設しておくべき国際送金サービスTransferWiseとは?

いやー、本当に悔しい思いをさせられましたが、実際に海外在住者には日本のクレジットカードをそのまま持っている人は多いと思うし、便利だから結構使っちゃってる人も多いですよね。

そんな海外在住同志のみなさま!

これを機に、勇気を出して今までいくら手数料を奪われていたか、目を当ててみてください!ばーん

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です