【国際結婚】ブラジル人男性と日本人女性がブラジル国内で結婚する場合の手続き(日本から準備していくもの編)

今回はタイトル通り、ブラジル人男性と日本人女性のブラジル国内での結婚についての記事を書きます。

ものすごく長くなるので、今回は日本での書類の準備についてのみです。

私と状況が同じ女性はぜひ参考にされてください。(2017年4月現在)

 

 

まずブラジル人婚約者に確認すること

私の夫はブラジル人です。

 

しかしながら。

 

ブラジルは非常に移民が多く、 結構な確率で国籍がごちゃ混ぜになっています。

なので、複数の国籍を持っている人がとても多いのです。

私の夫の場合もそうでした。

・父親が日系アメリカ人。
・母親がイタリア系ブラジル人。
・生まれが日本で育ちがアメリカ。

 

現在ブラジル在住。

そして彼は、日本、アメリカ、ブラジルのパスポートを持っています。

さて、そうなると、彼は一体何人なのか・・・???

 

(*_*)???

はい。

彼は、

 

日本の法律では日本人。

ブラジルではブラジル人。

アメリカではアメリカ人です。

※当然と言えば当然なのですが・・・
面倒なので以降アメリカについての説明は省略します。

 

さて。

まずここで問題になるのが、 パスポートを発行している国が多重国籍を認めているのか。 ということです。

なんだかよく分からないですが、非常に重要ポイントですので最後まで読んでくださいね。

 

まず日本。

 

日本は多重国籍を認めていません。

 

となると。

 

私たちの結婚は、

ブラジル国内では国際結婚。

日本の法律では日本人同士の結婚。

ということになるのです。

 

ここを勘違いすると、この後の手続きがびっくりするくらい面倒なります!!

(*_*;

それはもう本当に大変です(笑)

※私は夫が日本のパスポートを持っていることを最近まで知らなかったので、その面倒な手続きをせざるを得ませんでした。爆

 

 

ですので・・・

 

『ブラジル人と結婚する。』と決まったら・・・

 

 

まず!!

 

相手の国籍をしっかりと確認してください。

 

( ✧Д✧) カッ!!

 

これは非常に重要なポイントですので、 絶対に忘れずに行ってくださいね。

 

 

日本から持って行った方が良い必要書類

次に、いよいよ日本から持っていく(行ったほうが良い)必要書類についてです。

①戸籍謄本2部
②無犯罪証明書1部(※必要な方のみ)

戸籍謄本については、発行方法は特に難しくないですね。
お住まいの区役所などで発行可能です。 2部用意してください。

さて、問題は無罪証明書なんですが・・・

 

【男性】
男性は必ず必要。

【女性】
女性の場合は、相手の男性が日本国籍を持っておらず、さらに結婚後も旧姓を使用する場合 は持って行ってください。
相手のブラジル人男性が日本国籍を持っている場合は必要ありません。

 

※女性が必要だったり不必要だったりする理由は、日本の婚姻制度にあります。婚約者が日本国籍を持っているブラジル人の場合、ブラジルにある日本領事館では、『日本人同士の結婚扱い』になるので、日本の法律にのっとり、女性側は旧姓を引き続き使うことが出来ないからです。щ(゚д゚щ)

※この日本の古すぎる憎き法律のせいで、私は旧姓を使い続けることが出来ず、パスポートなどの氏名変更の手続きに、更に時間を要することになったのです。щ(゚д゚щ)

 

なお、無罪証明書の発行方法に関しては、コチラのサイトを確認してください。
(※神奈川県在住の方対象。その他の方は検索エンジンでチェックしてください^^)

 

上記の書類がそろったら、今度はその書類を外務省に持っていき、アポスティーユというものをGETする必要があります。

『アポスティーユ』と言えば外務省の方は分かってくれます。

ブラジル内での婚姻には必ず必要なので、 面倒でも絶対に外務省に出向いてください。

 

アポスティーユ申請の詳しい流れについてはコチラを参照してください。

料金は無料です。

 

ここで私がやってしまったミスは、横浜市(または東京)の公証センターでもアポスティーユが取れるんじゃないか?と思ってしまったことです。

((+_+))

 

これは、外務省のHPに記載されている内容をしっかり読んでなかったから起きたミスですが、 今回外務省に持ってく必要のある書類は全て公文書ですので、 自分がどこに住んでいようと絶対に外務省に出向いてください。

(/・ω・)/ガイムショー♪

 

 

さて。

 

流れ通りに準備を進めて行くと、手元には以下があるはずです。

①アポスティーユ付の戸籍謄本1部
②アポスティーユ付の無罪証明書1部(必要な方のみ)
③ただの戸籍謄本1部

もし揃っていたら、次に進んでください。

( *´艸`)♥

 

次に必要な手続きは、アポスティーユ付きの書類を、五反田にあるブラジル領事館に持っていき、ブラジル側にも認証してもらうことです。

これは直接領事館に出向き、 そこに立ってる案内の方に『戸籍謄本と無罪証明書の認証してください』と言えば、担当のカウンターに案内してもらえます。

がっつり任せてしまいましょう。(笑)
後は担当のカウンターの方が手続きを進めてくれます。

(*’▽’)

このブラジル領事館で上記の書類を認証してもらったら、 日本から持っていく書類の準備は完了です。

なお、領事館では手数料を1部3500円くらい取られたと思います。
合計7000円くらいですね・・・高。

 

で。

 

領事館に来たついでですが・・・

 

ブラジルで婚姻するってことは、まだ永住権は持ってないってことですよね?

 

となると、

まずは観光ビザでブラジルに入国する必要があります。

 

日本のパスポートは世界的にも信用度が割と高いので、だいたいどこの国もビザ無しで行けますが。。。

 

ブラジルは違います。

 

щ(゚д゚щ)

 

観光目的の場合であっても、五反田の領事館に行く必要がありますので、ぜひ一度に全ての仕事を終わらせてしまいましょう。

 

以下にショボいですが、フローチャートを用意しました。

(*ノωノ)

 

ご自身の予定と照らし合わせながら、計画的にVISA、並びに書類の準備をしてください。

 

1か月以内ですべての用事を終わらせることをおススメしています。

 

 

なぜなら。

 

各文書には有効期限があるからです。

1か月以内であれば、全て問題なく物事が進みます。

 

 

 

 

フローチャート

 

結婚決定!ブラジル移住決定!!

Day1

①25万円以上の残高証明書準備(観光ビザ申請用)
(通帳のコピーでも大丈夫でした。その場合、通帳本体も領事館で見せる必要あり。)

②証明写真撮影(観光ビザ申請用)

③ブラジル領事館HPより、観光ビザ申請用紙と、永住ビザ申請用紙(無罪証明書を持っていく方のみ)を出力、いずれも最後のページをプリントアウト。
※入力するブラジルの住所は、適当に現地のホテルの住所使って大丈夫でした。

 

Day2

①区役所で戸籍謄本2部、住民票1部(無罪証明書を持っていく方のみ)発行

②警察署で無罪証明書発行の申請(必要な方のみ。1週間くらいかかる)
※無罪証明書発行に必要な書類→ 住民票、パスポート、領事館HPから出力した永住ビザ申請の用紙

 

Day3

①外務省にてアポスティーユ申請(戸籍謄本1部、無罪証明書1部)
翌日以降受け取り。無料。

 

Day4

①ブラジル領事館にて観光ビザの申請。
※発行まで1週間くらいかかる。
※提出が必要な書類:パスポート、残高証明書、ブラジル領事館HPから出力した観光ビザ用の申請書、証明写真、ブラジル往復航空券

②アポスティーユ付き文書の認証
※その場で発行してくれます。
※戸籍謄本1部、無罪証明書1部。約3500円/部

 

Day5

①指定された日時にブラジル領事館にて観光ビザ受け取り。

 

 






 

ここまで順調に準備できた方は、以下の書類を持っているはずです。

・アポスティーユとブラジル領事館の認証がされた戸籍謄本1部

・アポスティーユとブラジル領事館の認証がされた無罪証明書1部(必要な方のみ)

・ただの戸籍謄本1部

・ブラジル観光ビザ

 

 

 

以上が、日本で行っておいた方が良い準備です。

なお。

 

ブラジルに到着したら、今度は現地での厄介な手続きが必要です。爆

 

それはまた記事にしますね。

 

 

最後に

最後に、元も子もないことを言おうと思います。(笑)

私は記事にした通り、観光ビザで入国し、国際結婚の手続きを全てブラジルで済ませました。

 

夫が日本国籍を持っていたことを、最近まで夫自身も知らなかったという、意味不明なアクシデントも重なり・・・

 

ただ結婚するだけの事に、かかった期間、9か月。

 

永住ビザ(厳密にいうとまだ永住ビザじゃない)GETまで、更に+2か月。

パスポートなど、その他の氏名変更手続きが完了するまで、更に1か月。

 

全ての手続きが終わるまで、約一年かかりました。

 

( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシゴシ
_, ._
(;゚ Д゚) …!?

 

なお、観光ビザの有効期限は、最大で6か月

 

 

つまり。

 

不法滞在期間、6か月。

 

 

その間『身分証明書』が無い状態。

すっごく大変でした。

((+_+))

 

自分のせいじゃないのに、いつ強制送還かれるかビクビクしていたのを覚えています。(笑)

※大丈夫大丈夫~♪と、連邦警察の人に言われたけどね。爆
※ブラジルには不法滞在程度の軽犯罪に、警察が構ってる暇はないそうです。爆

 

 

ですので。

 

現在ブラジル人の婚約者の方と、日本にいる場合。

全ての手続きを日本で済ませてしまうことを強くオススメします。

( ✧Д✧) カッ!!

たまーに、ブラジルでやったほうが簡単だよ~とかいう人も、領事館には居るみたいなんですが・・・

 

それは嘘です。

( ✧Д✧) カッ!!

 

日本人ほどこのような複雑な手続きをきちんと最後までやってくれる国民は、世界に存在しません。

 

ましてやブラジル。

 

この国で日本のような『安全』『正確』『経済的』を求めても無駄です。

 

日本にいるなら日本でやりましょう!!

 

なお、日本での永住ビザ発行であれば、最短2か月で全部終わるそうです。

私の10か月返せって話ですね。

щ(゚д゚щ)

 

 

ちなみに。

 

相当!!!!安く済むそうです(笑)

我々、20万円かかりましたからね。

щ(゚д゚щ)

 

そのうちの6万円くらいは、スタッフの誤案内のせいで無駄にかかった費用です。

 

( ゚д゚) ・・・

(;゚д゚) ・・・
_, ._
(;゚ Д゚) …!?

 

こういうの、クレームとしてブチ切れたって、ブラジル人は知ったこっちゃありません。

 

『そうなんだ、運悪かったねドンまーい。』

 

 

で終わり。

※ちなみに、どんまーいと言ってくるスタッフも平気で誤案内します。爆
きちんと働け、と言ったところで無駄な国民なのです。

 

 

щ(゚д゚щ)

ぜひぜひ!!!

出来る限り日本で済ませてください!!!(笑)

 

 

以上!!

国際結婚も楽じゃないですね~・・・(´・ω・`)

あ、ブラジルだけか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です