日本駐在のブラジルキャスター、Marcio Gomesが最高にロックな件。ブラジルメディアは日本に友好的!?

 

私はブラジルに住んでいるのですが、この国は良い意味でも悪い意味でも、日本とかなり違います。

今日は、日本人にはほとんど知られていないのにも関わらず、ブラジル国内で日本のイメージをすこぶる上げてくれている、まさにブラジル在住の日本人にとっては英雄のような存在、

Marcio Gomes氏についてご紹介します。

Marcio Gomes氏 とは?

http://www.portalimprensa.com.br

 

彼はブラジルの最大手テレビ局、GLOBO(グローボ)のキャスターで、アジアの報道を任されている現地の駐在員です。

Globoのニュースのメインが、夜の『Jornal National(ナショナルニュース)』なのですが、その中に、世界で起こった出来事を紹介する時間があるんですね。

その日によって取り上げる国は違いますが、Marcio Gomes氏はそのコーナーの中で、基本的には東京のスタジオから、ブラジルの国民に向けて、アジアのニュースを発信する役割を担っています。

 

 

Marcio Gomes氏の日本大好きオーラがヒシヒシと伝わって来る報道にほっこり

ブラジルの報道自体、見るのが疲れると言うか・・・

まぁ、国の治安が悪いというのが一番の原因なのですが・・・・・・

 

( ;∀;)

 

殺人、事故、汚職のトピックでほぼほぼ埋め尽くされているブラジルのナショナルニュースにとって、この海外のニュースを取り上げる時間だけは、国民にとっても箸休め的な役割を果たしていると思うんですね。

 

このコーナーでは、日本だけでなく、世界各国の出来事も流れるわけですが、日本のニュースはとりわけ多く取り上げられているイメージがあります。

 

その度に彼が登場するワケですが・・・・・・

 

彼のコーナーを見れば、誰しもが、『あぁ、日本が好きなんだなぁ・・・』と思うことでしょう。(笑)

 

それくらい彼は、

 

ブラジルのナショナルニュースのど真ん中に、

完全に趣味で選んでるんじゃないか?

と疑いたくなるような、日本の『通な』ニュースをぶち込んできます。(笑)

 

( ;∀;)えぇぇぇぇぇぇ!!!

 

一番印象的だったのは、
ブラジル国民の血税を一生懸命横領して使い込んでいた政治家の汚職事件と、スラム街で起きた銃撃戦で警察官が10人以上死傷した、という報道の間に、『日本の部活動について』が流れたとき。

 

 

Japoneses valorizam tanto atividades extraclasse quanto aulas normais


 

肩の力抜けました。(笑)

 

趣味で選んでいたと思います。彼。(笑)

※最近はもっぱら北朝鮮で忙しそうですが(笑)
※もちろん自然災害など、ほかに大きな出来事が起きたらそのニュースを報道しています。

 

普通、海外で日本の出来事を取り上げるとしたら、バラエティ、報道関わらず、日本人としてちょっと悲しくなるような、わりと酷い内容も多いのが現実です。

 

(´・ω・`)

 

行き過ぎたオタク文化であったり、事実とはだいぶ違う捕鯨関連のニュースだったりと、日本人からしたら『なんでそれを取り上げる!?』みたいな所があるんですね。

 

これは海外だけでなく、日本にも言える点であって、『世界の日本人妻』みたいな番組では、日本人が観ていて『楽しい』と思う内容に、かなり事実を改変して放送されています。

 

日本人の視聴者がイラっとしないように、一般人の『リア充海外在住者』は出演を断られますし。(笑)
※私も別サイトにて、別番組の出演依頼を何度かされました。この手の番組の悪い噂は知っていたのでお断りしましたが。

 

これは海外在住の日本人であれば、結構有名な話。

 

あまりにも事実と違う放送で、この件が発端でその後離婚になってしまったカップルも存在するんですよ。

 

・・・と、話が逸れましたが。

 

このようなその国のご都合主義で事実が改変されて放送されることは、日本だけでなく、世界でも同じように起こっていると言う事ですね。

 

もちろん、テレビ局というのはボランティアではないので、その国の視聴者が喜ぶように編集するのも理解出来ますし(バラエティなら特に)、何も考えずに見る分には良いのですが、あまりにも事実を変えて報道された側からしたら、不本意だと感じるのも頷けます。

 

この件に関しては、私が好きなブログで取り上げられていたので、興味がある方はどうぞ。
私が大好きなブロガーさんです。

テレビが日本人をダメにする『世界の日本人妻は見た』出演拒否された友人の話

 

 

でですね。

 

私が最もこのMarcio Gomes氏に感動しているのは、

 

そんな大人の事情が、世界中でまかり通っているのにも関わらず、全くブレずに、日本の素晴らしい文化を次から次へと紹介してくれるところなんです。

 

しかもこれは、バラエティではなく、れっきとした報道番組なので、面白おかしく編集せずに、事実を報道してくれます。

 

これ、単純にすごいことだと思うんですね。

(‘ω’)ノ

 

 

日本で『ブラジルの素晴らしい文化』を、友好的に、しかもコンスタントに紹介してくれる『報道番組』ってあるでしょうか?

 

というか、世界中どこに行っても、他の国の『コアな文化』を、ポジティブなニュアンスで、しかも視聴率が一番高いナショナルニュースで流すことって、なかなか無いですよ!!

 

日本人の移民の関係かな?と最初は思いましたが、ブラジルには日本人以外にも、イタリア人、ドイツ人など、いろーーーーんな国の移民の方が暮らしています。

その中で、やはりMarcio Gomes氏が取り上げる、日本人でも知らないような『通なニュース』は、明らかに『日本びいき』な気がするんです。

見ていて本当に嬉しいですよ。(笑)

 

 

ブラジルのメディアは日本よりも好感度が高い!?

Jornal Nacional reconhece erro cometido contra Dilma Rousseff (reprodução)

 

 

ブラジルのメディアと日本のメディアの最大の違いは、政府に対する力の差かと思います。

日本のメディアは、誰がどう見ても『日本政府』よりも力が弱く、素人目でも情報操作されていると気がつくレベルの内容であるのに対し、ブラジルメディアは、誰がどう見ても、『ブラジル政府』よりも強いと分かります(笑)

 

それは外国人の私から見ても明らかで、もうね、断言できるレベルです。爆

 

ジウマ元大統領を盗聴したレコードが、そのまま報道された時はさすがにビビりましたよ(笑)

 

なので、ナショナルニュースでは良い悪い関係なく、きちんとした事実が報道されているように感じます。

少なくとも日本よりかは、圧倒的に。

 

その中で、Marcio Gomes氏が、日本のほんわかニュースを紹介してくれるのは、本当にありがたいことですし、彼の報道の翌日には、街中で会う人会う人に『日本は良い国だね~』と声をかけられるんです。

 

 

まとめ

日本人には知られていないであろうMarcio Gomes氏は、普通の日本人よりも、よっぽど日本に大貢献している人物です。

次に一時帰国する際は、ファンレター届けに行こうかと、真剣に考えている私でごさいます。(笑)

興味がある方は一度ご覧になってください^^

ポルトガル語が分からない方でも、なんとなーく雰囲気は感じられるかと思いますよ^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です