元CAが語る!子連れ旅行で機内に持ち込むべき最小限リスト!

今日は、子供連れの飛行機(長距離移動)をする際に機内に持ち込むべき最小限のリストについてです。

私は移住前、国際線CAとして乗務をしていました。

機内で出来ること・出来ないこと、搭載されているものやCAの忙しいタイミングなど。

全てのことを考慮して、そのうえで「子供連れの旅客として機内に持ち込むべきもの」を厳選しています。

この手の記事は世の中に溢れかえっていますが、正直。

イリウダ

いや、荷物多くね???

としか思えないんですよね。爆

美容家の方には申し訳ないのですが、荷物が多すぎると今度はその管理が大変になります。

子連れなら猶更です。

独身時代に日本⇔ブラジルを7回以上、出産後、0歳、1歳、2歳、3歳、と、毎年小さな子供を連れて2日間に渡る日本ブラジル間の移動を経験しておりますので、本当に必要最小限のアイテムは理解しているつもりです。

なお、今回は「子連れ」に特化した機内持ち込み手荷物のリストなのでご了承ください。

では、行きますね^^

大人・子供共通

パスポート・VISA

当たり前なんですけど一応…

無いと入国どころかそもそも出国が出来ませんのでご注意を!!

ボールペン・メモ帳

これも必需品です。

主に入国書類を書くのに使うのですが、持っていないと困ります。

CAにボールペンを借りるというのは機内あるある現象ですが、これめっちゃくちゃ嫌がられます。爆

CAが機内でやられて嫌なことランキングの上位に食い込むくらい嫌がられます。

別にCAに嫌われても良いしって思われる方も多いかもしれませんが、機内でCAに嫌われることは、色んな意味で避けた方が良いですよ。

ボールペン1本持っていくだけで避けられるリスクです。

たかがペン、一本くらい持っていきましょう。

ちなみに、CAに「貸してください」って言っても外資とかでは「ないです」とか言われることもあります(笑)

My毛布

確かに機内にも搭載されているのですが、なんとなく自分用の物を使いたいので、これは毎回持っていくアイテムです。

ライトダウン

機内のギャレー近くは寒い事が多いので、ライトダウンはとても役立ちますよ!

我々夫婦はユニクロのウルトラライトダウンを使っています。

海外在住者は免税で購入可能!軽いし小さくなるし、一人一着は持っていたいアイテム。

簡易薬セット

熱さましシート・ばんそうこう・解熱剤・頭痛薬、服用中の薬など。

乾燥対策関係

ハンドクリーム・リップクリームなど。

その他、細かいもの

アイマスク・耳栓・歯ブラシ・歯磨き粉など。

お菓子(スナック・ジュース)

航行中に食べたい!っていう理由もそうなのですが、私は基本、離着陸の耳詰まり回避のために、毎回かなり多めに持っていきます。
※画像はイメージです。この量はさすがに持っていきません(笑)

国際線では機内への液体類の持ち込みは禁止されているのですが、子供のためのジュースであれば、国際線のセキュリティで捨てずにそのまま通れるんですよね。

なので、子供用のジュースとお菓子だけまとめて小さなバッグに分け、セキュリティの方に「これは子供用です」と申告してそのまま通してもらっています。

毎回ブラジルから日本、片道で8本くらい(セットで売ってる小さいタイプの)を持っていきますね(笑)

耳が詰まることが多い離着陸のタイミングでは子供に食べ物or飲み物を飲んでいてほしい、しかもこのタイミングはCAが一番忙しいタイミングでもあるので、機内の搭載品ではなく自分のモノを使う方がずっとラクです。

大体着陸20分前くらいから機体の降下が始まりこのタイミングで耳が詰まることが多いので、あぁ、降下し始めたな~って頃から、私は子供にお菓子とかあげ始めます。

で、着陸10分前くらいに飲み物をあげ始めます。(トイレは着陸30分前くらいに連れていくorおむつ替えしておく)

これで直前に子供がトイレ行きたい!!とか言い始めることも無く、耳詰まりも全て回避できていますね。
※ただ、耳詰まりはその人のタイプにもよるので、対策していてもどうしても耳が痛くなってしまう人もいます。

子供用アイテム

子供の好きなおもちゃ2点くらい

ぬいぐるみでもクッションでもタオルでもなんでも良いのですが、子供が普段の生活の中で最も気に入っているモノを2点ほど機内に持ち込むようにしています。

安定剤として使うような感じです。

水筒

これもあった方が便利かな。

CAにプラスチックのカップでもらったらそれを水筒に移してしまっても良いし、CAによっては水筒に直接ジュース入れてくれる人もいます。

子供の好きなタイミングで飲めるし、何よりも!!蓋が閉まるタイプだとこぼすリスクも減るのでとても便利です^^

お絵描きボード

娘が遊ぶ機内のおもちゃで一番役に立ってるのはお絵描きボードですね。

ペンがボードについていて、無くならないタイプが一番良いです。

ライトダウン後の暗い機内で何か落とすと見つけるのが大変なので。。。

着替え


下着・半袖・長袖・ズボン各2枚ずつくらい

念のために必ず持っていってます。

娘がおむつを使っていた時は、毎便20枚持っていってました。

数年前にBREEZEでギフトラッピングとして頂いたポーチがめちゃくちゃ便利!

サンダル(子供用)

トイレに行きたいと言われた時にいちいち靴を脱がせたり履かせたりするのが大変なので、機内用なサンダルはあった方が良いでしょう。

スリッパ感覚で使えます。

娘はこの画像のピンクバージョンを使っています。

タブレット端末(iPad)

暇つぶしになるアプリをダウンロードしまくっていきます。

機内で充電できることがほとんどなのと、DVDプレイヤーよりも軽いし薄いのでラク。

Jetkids

子供の持ち物が全てこの中に収納できるのと、Jetkids自体が折り畳みベッドになるので、これは本当にフライトタイムの長い便ではお助けアイテムです。

何よりも子供が「私は(僕は)Myトランクを持っている!!!」という優越感に浸れるので、子供の機嫌がべらぼうに良くなります(これが一番のメリット)

航行中、通路側以外の席(窓側or中央席)のみで使用が可能。

ただし、エミレーツなど使用が前面禁止されている航空会社もあるのと、どこの航空会社であろうと、安全上の理由でCAに使用をやめるように依頼されたら素直に指示に従いましょう。

機内で使える!という謳い文句で販売されているアイテムでも、その便のCAがダメと言えばもうそれは絶対にダメです。

イリウダ

いや、これ機内で使えるってことで買ったんだけど!?

とか反論したところで、保安要員であるCAに全ての決定権があります。

フライトによっては飛行中ずーーーっと大きく揺れが予想されているという場合もありますし、それはその日のフライトクルーにしか分かりません。

確かにJetkidsは非常に良く設計されていますが、このトランクにはロック機能が無いため、「浮動物」であることは間違いないのです。

ベルトサインが消灯していたとしても、予想外の大きな揺れに遭遇した際、この硬いJetkidsが空中に投げ出されてしまったら怪我人が出ても全く不思議ではありません。

旅客が使用するのを嫌がるCAがいるのは当然です。

安全上の理由でCAから何かを依頼された場合、口論になったとしても旅客に勝ち目はありませんので逆らわないように。

下手したら「安全阻害行為」ということで警察に引き継がれます。

 

大人用アイテム

使い捨てスリッパ(大人用)

これはなんだかんだであると便利ですよね。

EMS マイトレックス

これは去年から導入しているんですけど、これね、神。

いや、マジで神。

というか機内とかそういう問題でもなく、毎日使いたい。

私は現在PCでの仕事が一番多いので、とにかく首が凝るんですよね。

これは充電式でコードレスだし、変な電波も飛ばさないので機内でも普通に使えます。

いやこれ本当にお勧めなので、みなさんチェックしてみて^^

Wifi

機内Wi-Fiは私たち夫婦は購入してしまうタイプです。

航空会社によっては無料で使えることもありますが、使えなかった場合でも結局購入してしまうことが多いですね。

Netflix観れるようになるし、子供が好きな番組が観れるのは大きい…爆

 

まとめ

少な!!!!!!!!!!!

…って言われるんですが、実際機内で出来ることなんてめちゃくちゃ限られていますし、いかに機内での子供の世話の負担を削減するか・いかに上手に時間をつぶせるかだけに集中しています。

リラックスアイテムや美容アイテムを持っていきすぎると、今度は手荷物の管理・紛失の恐怖(盗難も結構あります)が出てくるし、無理して機内でやらなくても、到着地で念入りにケアしたほうが良いのでは…?とか思いますね。

あと、CAとして働いていたからこそ、そもそも機内に一切期待をしていないというか。。。爆

移動距離が長い方は、荷物は少ない方が良いですよ。

ぜひ自分に必要なモノは何か、きちんと考えて出来る限り絞っていくのがお勧めです^^

 

ではでは!

今日はここまでです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です